命いとおしきもの

人は、生きることに
  真摯でなくてはいけない。

中途退職し便利屋を始めた中年男と中国人女子留学生との交流。そして、中年男が老婦人から受けた自叙伝の代筆を通じて語られる、第二次大戦時の恋模様。札幌、東京、中国を舞台に、普遍的な人間愛、戦時下の青春、元企業人の再生を描きだす。

ぶざまであろうとも、死が必定とされた中にあってもなお生き抜こうとした八木の生きざまを思いながら、生きることに真摯でなくてはいけない、と宏明は強く思った。
今は、自分も、死ななくてよかったと思う。
この世からいなくなっていたら、星麗とも出会えなかった。父との約束もはたせないままになった。土倉夫人との交流もなかった。便利屋という小さな仕事だが、組織に頼らない自立の人生をあじわうこともできなかった。           (本文より)


著者  水木光介
ISBN  978-4-434-23668-6 C0093
版型  四六版 並製
ページ数  208ページ
命いとおしきもの

販売価格: 1,200円(税別)

(税込価格: 1,296円)

在庫あり
数量:

レビュー

0件のレビュー