生還―『食人』を冒した老船長の告白

極限下での犯罪は許されるべきか
武田 泰淳『ひかりごけ』のモチーフとなった事件の真相
26年前に刊行され、ベストセラーとなった『裂けた岬』の待望の改訂版!
英語版『The Survivor―The confession of cannibalism by the Old captain―』(電子書籍)と同時発売!

第二次世界大戦中に徴兵され、徴用船の船長として物資の輸送任務に就いていた黒岩亀吉(仮名)は知床半島沖を航行中に嵐に合い、真冬の知床の小屋に部下のシゲとともに取り残されてしまう。
飢えと寒さの極限状態の中、先に餓死したシゲの遺体を船長は口にする。シゲの肉で体力を回復した船長は、流氷の上を渡り、知床を脱出した――。
新聞記者であった著者が15年間におよぶインタビューを経て書き上げた、人間の業を問い掛ける一冊。

【ためし読み】
https://tameshiyo.me/9784434278495

【合田一道先生コメント動画】
http://www.hakurosya.com/books/news.php?news_id=335

著者      合田一道 
ISBN       978-4-434-27849-5 C0095
版型      四六版 並製
ページ数    288ページ
定価      1700円+税
発売日     2020年9月30日
(※予約注文をしていただく際、システム上お届け日を発売日より前に設定できますが、お手元への到着は発売日前後となります。ご了承くださいませ。)


【著者紹介】
合田 一道(ごうだ いちどう)
一九三四年(昭和九年)、北海道空知郡上砂川町生まれ。北海道新聞社に入社し、事件を担当。在職中からノンフィクション作品を発表。退職後は札幌大学、北星学園大学講師など。主な作品は『日本史の現場検証』(扶桑社)、『松浦武四郎北の大地に立つ』(北海道出版企画センター)、『北の墓 歴史と人物を訪ねて』(柏艪舎)、『現場検証 平成の事件簿』(柏艪舎)など。札幌市在住。


【目次】
プロローグ
約束
戦雲
遭難
番屋
食人
煙り
生存
発覚
裁判
光輪
訃報
エピローグ
船長の「取材ノート」から
老船長との十五年―あとがきにかえて
再版のためのあとがき
船長の軌跡

◆トークイベント開催!◆

「生還―『食人』を冒した老船長の告白」合田 一道 著
刊行記念講演会

10/11(日)13:00〜14:30
定員48名
参加無料/申込不要

紀伊國屋書店札幌本店
1階 インナーガーデン
札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55
電話 011-231-2131

―――――――――――――――――
小説「ひかりごけ」のモデルとなった
第二次大戦中に真冬の知床で起きた『食人事件』。
その加害者である老船長に
15年にわたる取材を行なった合田一道氏が、
『極限状態における生と死の葛藤』、そして『人間の業』を語る。
―――――――――――――――――

当日は、インターネット同時配信を行なう予定です。
視聴方法は柏艪舎ホームページ上にてご案内いたします。
http://www.hakurosya.com/

【ライブ中継動画は下記からご覧になれます】
https://www.youtube.com/watch?v=FCGaloiHtoE&feature=youtu.be

◆テレビ紹介◆

NHK-BS 9月3日(木)午後 9時 放送 
再放送 9月8日(火)午後11時45分放送
ダークサイドミステリー
「“ひかりごけ”の衝撃〜現代の私たちの物語〜」

『生還』の著者、合田一道先生出演!
https://www.nhk.jp/p/darkside/ts/4847XJM6K8/episode/te/8NZ3Z83M71/
生還―『食人』を冒した老船長の告白

販売価格: 1,700円(税別)

(税込価格: 1,870円)

在庫あり
数量:

他の写真

  • 2020/10/11 出版記念トークイベント開催!
    紀伊國屋書店札幌本店インナーガーデン

レビュー

0件のレビュー