新版 絵はがきにされた少年

◆刊行記念イベントお申込み受付中です!◆

・【特設ページ】
 https://peraichi.com/landing_pages/view/infoehagaki
 または、下記リンクより詳細をご覧いただけます。


ジャーナリストの目と心が捉えた、
豁然と生きるアフリカの人々――11章


第三回 開高健ノンフィクション賞受賞作品

「ハゲワシと少女」でピュリッツァー賞
受賞直後に自殺したカメラマン。
ルワンダ大虐殺を生き延びた老人。
アパルトヘイトの終わりを象徴する
南アフリカの暴動で犠牲になった白人。
アンゴラ紛争の資金源となった
ダイヤモンド取引の闇商人――。
著者はアフリカ特派員として
取材をつづけるうちに先入観をくずされ、
大陸の隅々で生きる
賢者たちに魅せられていく。

悲惨さの脇に普通の人々の日常がある。
悲惨な風景の中でさえ、
目を凝らせば、
人の幸福を考えさせる瞬間がある。
―本文より

【特設ページ】最新イベント情報・コラムなどを定期掲載。あわせてお楽しみください!
https://peraichi.com/landing_pages/view/infoehagaki

【ためし読み】
https://hanmoto1.tameshiyo.me/9784434280689

【著者コメント動画-「新版 絵はがきにされた少年」を語る】
https://youtu.be/gyKRjztkus0

著者      藤原章生 
ISBN       978-4-434-28068-9 C0095
版型      四六版 並製
ページ数    276ページ(巻頭カラー口絵4頁)
定価      1700円+税
発売日     2020年10月28日


【著者紹介】
藤原章生(ふじわら・あきお)
1961年、福島県いわき市生まれ、東京育ち。北海道大工学部卒後、エンジニアを経て89年より毎日新聞記者として長野、南アフリカ、メキシコ、イタリア、福島、東京に駐在。地誌、戦場、人物ルポルタージュ、世相、時代論を得意とする。
本書で2005年、開高健ノンフィクション賞受賞。主著に「ガルシア=マルケスに葬られた女」「ギリシャ危機の真実」「資本主義の『終わりの始まり』」「湯川博士、原爆投下を知っていたのですか」。


【目次】

第一部 奇妙な国へようこそ
1 あるカメラマンの死
2 どうして僕たち歩いてるの
3 噓と謝罪と、たったひとりの物語
4 何かを所有するリスク

第二部 語られない言葉
1 絵はがきにされた少年
2 老鉱夫の勲章
3 混血とダイヤモンド
4 語らない人、語られない歴史

第三部 砂のよう、風のように
1 ゲバラが植えつけた種
2 「お前は自分のことしか考えていない」
3 ガブリエル老の孤独

文庫版(二〇一〇年)あとがき
あとがきにかえて
引用文献


◆プレス掲載情報◆

・2020/11/8
 読売新聞「読書情報」欄 *記事全文を読むには登録(有料)が必要です。

 ――初版から15年を経ても、全く色あせない。
 ブラック・ライブズ・マター運動の盛り上がりを見ても、
 今こそ読まれるべき本として、その価値は一層高まっている。
 https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/news/

・2020/11/19
 毎日新聞朝刊・東京版に掲載:*記事全文を読むには登録(有料)が必要です。
 「毎日メディアカフェ 新版の発刊記念 藤原記者報告会 /東京」
 https://mainichi.jp/articles/20201119/ddl/k13/040/007000c

・2020/11/19
 朝日新聞GLOBE+「アフリカの地図を片手」に掲載:
 『絵はがきにされた少年』15年を経て復刻 今も古びない、アフリカの人々の言葉
 https://globe.asahi.com/article/13937783

新版 絵はがきにされた少年

販売価格: 1,700円(税別)

(税込価格: 1,870円)

在庫あり
数量:

他の写真

  • ・2020/12/11(金)19:00〜20:30

     世界を見てきたジャーナリスト二人が語る
    「フェイクニュースを見破る力」

     水谷竹秀×藤原章生

     紀伊国屋書店新宿本店【オンライン開催】

    https://store.kinokuniya.co.jp/event/1604802212/
  • ・2020/12/15(火)19:00〜20:30

     すべてをアフリカがおしえてくれた
    それにしても、彼の地になぜひかれるのか

     高野秀行×藤原章生

     青山ブックセンター本店【対面開催】

     http://www.aoyamabc.jp/event/fujiwaratakano/
  • ・2020/12/22(火)19:30〜21:00

     白人至上主義はいつ消える?
     2020年最終ジャーナリストトーク

     大治朋子×藤原章生

     MARZEN&ジュンク堂池袋本店
    【オンライン開催:アーカイブ配信あり】

     https://startupmj.stores.jp/items/5fb76530da019c4382f8266c

レビュー

0件のレビュー