初めて聞く 北海道における糖尿病の歴史

【内容】
 これほど身近な病気となった『糖尿病』をあなたはどこまで知っていますか?

 札幌で糖尿病専門病院を経営する著者が綴る、北海道における糖尿病の歴史。
 北海道開拓時代から続く糖尿病治療の苦難の道のりを分かりやすく解説するだけでなく、世界の糖尿病研究から予防法までを詰め込んだ、医療従事者必携の書。

【ためし読み】準備中

著者      佐々木 嵩 
ISBN       978-4-434-30184-1 C0095
版型      A5版 並製
ページ数    168ページ
定価      1500円+税
発売日     2022年4月1日
(※予約注文をしていただく際、システム上お届け日を発売日より前に設定できますが、お手元への到着は発売日前後となります。ご了承くださいませ。)

【著者略歴】
佐々木 嵩(ささき たかし)
昭和38年 弘前大学医学部卒業
昭和39年 北海道大学医学部第二内科 入局
昭和56年 恵仁会佐々木内科病院 開設
平成元年5月  ジョスリン糖尿病センターにて研修
平成6年、8年、11年  ポートランド糖尿病センターにて研修
平成15年 サンフランシスコ糖尿病センターにて研修
日本糖尿病学会 専門医、指導医、功労評議員
日本内科学会 認定医
日本病態栄養学会 元評議員
札幌医師会学会賞、札幌医師会功労賞、北海道医師会功労賞受賞


 目 次
日本における糖尿病の幕開け
アイヌと糖尿病
近代医療の準備期
北海道の医療のはじまり(函館時代)
札幌の医療の始まり(明治・大正期)
血糖値とヘモグロビンA1c
糖尿病の食事療法
北海道大学第二内科と糖尿病
北海道糖尿病協会(患者会)
小児糖尿病サマーキャンプ
インスリン治療
糖尿病内服剤のはじまり
日本糖尿病療養指導士(CDE)の誕生
糖尿病患者教育
糖尿病専門病院
現代の糖尿病診療
糖尿病対策推進会議と包括的療養介護
糖尿病診療の今の話題
初めて聞く 北海道における糖尿病の歴史

販売価格: 1,500円(税別)

(税込: 1,650円)

在庫あり
数量:

他の写真

  • 2022年4月18日付 北海道新聞

レビュー

0件のレビュー