海わたる聲 悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び

【あらすじ】
「留萌沖三船殉難事件」生存者の証言をもとに描かれる感動のドキュメンタリーノベル。

数十年前の「留萌沖三船殉難事件」の取材テープを聞きなおしたとき、著者は自らの「宿題」を思い出した。

日本国政府は今なお、国籍不明潜水艦と主張している。
政治的な駆け引きの犠牲となった1708名の叫びに耳を傾けたい。


著者      中尾則幸
ISBN       978-4-434-25520-5 C0093
版型      四六版 並製
ページ数    172ページ
発売日     2019年1月25日
(※予約注文をしていただく際、システム上お届け日を発売日より前に設定できますが、お手元への到着は発売日前後となります。ご了承くださいませ。)

【目次】
海わたる聲
 1 土の棺―三十年目の再会
 2 青春の傷あと―反戦デモの中で
 3 慟哭の証言―海に消えた子どもたち
 4 老人の宿題―泰東丸を語り継ぐ
 5 朽ちてゆく墓標―事件の村は今
 6 若者たちの戦争―無縁仏の人探し
 7 声の碑―あの海にこだまして

解説:「留萌沖三船遭難事件」とは
 1 一七〇八人は、旧ソ連の北海道分割・占領計画の犠牲者なのか!??
 2 終戦直前のソ連対日参戦 戦火の樺太・死の逃避行
 3 「小笠原丸」〜元横綱大鵬も。稚内での下船が生死を分ける
 4 「第二新興丸」〜ソ連潜水艦と銃撃戦、沈没をまぬがれる
 5 「泰東丸」〜日本国内、最後の戦争犠牲者六七〇人

海わたる聲 悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び

販売価格: 1,300円(税別)

(税込価格: 1,404円)

在庫あり
数量:

レビュー

0件のレビュー