小説 龍馬いま

【あらすじ】
生涯を「平和の業による世直し」への理想で貫いた龍馬の〈奇跡〉のいわれを尋ねあてようとさまよう私に、姿なき龍馬が、声なき声で語りかける。死者となられた龍馬と、生者である私との、心の通い路が生まれ、二人は歩みだす。
 〈祖伝の郷〉高知では、「坂本家始祖」から「郷士坂本家」に至るご先祖の偉大な歩みが確認される。
 万次郎とグラバーからは、〈世界市民の風〉が吹きつのり、二人は新世界の息吹きを共有する。
 龍馬が終生憧れた〈北海道〉では、一万年以上の不戦の歴史をけみした「縄文人」と、その血を濃く受け継ぐ「アイヌ民族」の存在を確認する。未来への予感が、二人をつつむ。

ISBN       978-4-434-25965-4 C0093
版型      四六版 並製
ページ数    240ページ

【著者紹介】
原子 修(はらこ おさむ)1932年、函館市生まれ。詩集『鳥影』で北海道詩人賞受賞、『未来からの銃声』で日本詩人クラブ賞受賞、『受苦の木』で現代ポイエーシス賞受賞。叙事詩『原郷創造』で北海道新聞文学賞受賞。詩劇54作品119公演を道内・道外・海外で実施し、北海道芸術新賞・北海道文化奨励賞・札幌市民芸術賞(現 札幌芸術賞)・北海道文化賞を受賞。童話集『月と太陽と子どもたち』で北の児童文学賞特別賞を受賞。童話絵本『モンゴルの白い馬』(2006年7月)、詩文集『幼いユリカに』(2006年10月)、小説『龍馬異聞 秘め火』(2012年10月)を柏艪舎より刊行。日本文藝家協会員、日本現代詩人会員、小樽龍馬会会長、道援隊顧問、全国龍馬社中副会長、北海道文学館参与、ほっかいどう龍馬会世話人代表、ACF札幌芸術文化フォーラム顧問、札幌大学名誉教授。北海道小樽市在住。

【目次】 
・序曲 永劫の風 
・第一楽章 祖伝の郷(1.不死鳥/2.〈龍馬神話〉/3.志の火/4.小高坂山の“坂本家墓所”/5.始祖様から直益様への二百年/6.丹中山の「郷士坂本家墓所」) 
・第二楽章 〈世界市民〉の風(1.強風の人“ジョン万次郎”/2.西風の人“グラバー”/3.〈世界市民思想〉への目覚め) 
・第三楽章 〈不戦の祖・縄文人〉の郷(1.“蝦夷地”“北加伊道”“北海道”/2.北見(ノツケウシ)「縄文語・アイヌ語地名」/3.「縄文」とは?/4.戦争をしなかった「縄文人」/5.「縄文」をうけついだ「アイヌ民族」/6.龍馬が生涯憧れた“北海道”/7.北海道に根づいた「郷士坂本家」) 
・終曲 いざ、「世界海援隊」!


発売日     2019年4月26日
(※予約注文をしていただく際、システム上お届け日を発売日より前に設定できますが、お手元への到着は発売日前後となります。ご了承くださいませ。) 
小説 龍馬いま

販売価格: 1,800円(税別)

(税込価格: 1,944円)

在庫あり
数量:

レビュー

0件のレビュー